メイプルストーリー

お知らせ

メイプル散歩路

メイプル散歩路

散歩路その158

日付:2016.09.21 表示回数:6424

ツイートする

かえ少年 そろそろ秋。このまま一人ぼっちで冬になるのはいやだ。おーい、かえでで花。
僕と結婚してください!
かえでで花 いやん、かえ少年。私は人妻よ。うふ。 ぼっちのかえ少年に婚活サイトをさずけよう~。
どうこのサイト、本気でしょ。
かえ少年 あら、な・・・んなんだ。この婚活サイトは。ゲーム内での結婚をサポートする近未来的な婚活システムは。
本当なの?こんな僕でも結婚できる?
かえでで花 できるできる。保証するわ。実は私もここで・・・うふふ。
そしてこの輝くリングをゲットしたわ!愛は年月を重ねれば重ねるほど強く輝くのよ~♪
かえ少年 おぉぉぉー。美しいエフェクト。輝いてる。眩しい。見た事のないエファクト。
あれが既婚者のオーラ・・・
かえでで花 じゃ、そういうことで。私は夫とハロウィンしてくるね。ばいばい、かえ少年!
かえ少年 あぁぁ、行かないで。一人にしないで。
(遠くで誰かと一緒にルーレット?を回しているのが見える)
かえでで花 きゃっきゃっ、くるくるくるくる☆うふふ、くるくるくるくるくる♪いいものでるかな~、うふうふふ。
…あれ?遠くに見えるかえ少年が、死神に取りつかれている?!?!?!
ごめん夫、遊んでて。わたし、かえ少年を助けに行ってくる!
かえ少年 仕方ない。勇気出してプロポーズしたのに、既に結婚していたかえでで花は遠くでデートに夢中。
今無理やりに一緒に遊ぼうと言っても同情されるだけだ。
こういう時こそ、友達になってくれるのは本しかないだろ・・・
読書しよう。本は友達。僕の友達は本しかないのだ。ほら、僕には絵本が3冊もある。本を読もう。
「ハロウィンになるとヘネシスに眠っていた幽霊たちが目覚めます・・・」
なんか周りの気配がおかしい。まるでここに誰かがいるみたい。こ・・・こわい。
かえでで花 かえ少年!あなたの後ろに大きな死神が!しっかりするのよ!あなたは死んだの?!
かえ少年 う・・うそ。僕は死んでないよ。死神?! (後ろを振り向く) はっ?あぁぁ・・・この人は・・・誰?
かえでで花 大丈夫!このうな丼…違う、うなぎ丼をお食べ!
かえ少年 (死神から急な丼への展開・・・かえでで花が何かを紹介するために必死になっているに間違いない。
後ろについている変な幽霊が気になるけど、とりあえず丼について聞いてみよう)
どこから・・・手に入れた。その丼は?
かえでで花 よし、丼はOK、っと…。後はGOCよ、GOC!
知ってる?かえ少年。かえ少年はGOCを持っているのかっ?!
かえ少年 GOC?ご飯 大盛りで ちょうだい?
かえでで花 こ、こいつ…な、なにも聞いてないぞ…。GOCがなぜご飯なのか…。もしかして、ご飯に未練があるのかな?
しかしGOCを紹介しなければ、私のGMとしてのお仕事が…。ま、いっか。
よしよしかえ少年、GOCご飯食べようね~。
かえ少年 なんかね、かえでで花。僕たちの会話って会話としてまったく成り立っていない気がする。
かえでで花 ああ、うん、そうかもね。今日結婚の1000日記念日で浮かれてるの♪もっと輝いた指輪を見せてあげる☆
…ってあれ?かえ少年??いないわ、一体今まで会話してたのは誰だったの…??
もしかして…ゆ、ゆうれい!!
かえ少年 ぼ・・・ぼ・・・・くは・・・・・ここに・・・・いる・・・よ。
かえでで花 ああ、もう会話もできなくなってしまったわ。かえ少年は結婚できなかったことが未練だったのね、きっと…。
私は別キャラでまた婚活しよーっと☆
かえ少年、あなたの分までわたし幸せになるわ~!!!



※この内容は予定であり、パッチ内容を保証するものではありません。

一覧へ戻る